Nov
21

第28回ポリマー材料フォーラム

アサイラム・リサーチ AFMの最新情報を展示いたします。オックスフォード・インストゥルメンツのブースへぜひお立ち寄りください。

企業展示会開催期間:
2019年11月21日(木)10:00 ∼ 17:00
2019年11月22日(金) 9:30 ∼ 16:30

会場:
ウインクあいち 8F 展示場
(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

第28回ポリマー材料フォーラムについての詳しい情報は高分子学会のウェブサイトをご覧ください。

 

ポリマー材料の研究・開発用におすすめのアサイラムAFMはCypher ES ポリマーエディションです!

Cypher ES ポリマーエディションは、アサイラムの超高性能 AFMに洗練された環境制御をプラスしたCypher ESがベースとなっており、高分子材料研究に最適な測定モードやオプション(下記参照)があらかじめ標準装備されています。

ナノメカニカル特性評価用の強力な測定モード 3 種を標準装備

高速フォースマッピングモード
・高速フォースカーブにより、貯蔵弾性率マッピングを取得
・ディフレクションおよびZセンサの両方を含むすべてのカーブをキャプチャー
・ Hertz, DMT, Sneddon, JKRなど、多数のインデンテーションモデルをサポート
・10 kPa ~ 100 GPaのサンプルに適用可能

AM-FM粘弾性マッピングモード
・高速のナノメカニカルマッピングモード(最大20 Hzラインスキャンレート)
・貯蔵弾性率 および粘弾性ロスタンジェントをタッピングモードでマッピング
・幅広い弾性率の材料に適用(50 kPa ~ 300 GPa)

コンタクト共振粘弾性マッピングモード
・貯蔵弾性率および損失弾性率の両方をコンタクトモードでマッピング
・弾性率の高い材料に最適(1 GPa ~ 300 GPa)

 

温度制御や定量的なナノメカニカル測定がより簡単に行える優れた機能を搭載!

高温サンプルヒータ
・ガス環境において最大250℃までサンプル温度を制御
・簡単操作で、余分なコントローラ、ケーブル、チューブも不要

blueDrive 光熱励振*
・タッピングモードテクニックの操作をシンプルに
・サンプルの温度を変化させてもイメージングが安定
・より定量的なナノメカニカル測定が可能に

blueDrive光熱励振はアサイラム・リサーチのCypher AFMのオプション。従来のカンチレバーのドライブ機構を光熱励振に置き換えることにより、タッピングモード(ACモード)を改善(シンプル・安定・定量化)。blueDriveはカンチレバーの根元にブルーレーザーを照射して、カンチレバーに小さい局所加熱を引き起こし励振させます。光を使うため、カンチレバーだけを励振させることができ、AFMの他の機械部品を励振することがないため、極めてクリーンな応答・チューンが得られます。

ロケーション

ウインクあいち 8F 展示場

Date

11月21日(木)~11月22日(金)

ビジネス

Asylum Research

関連製品

お打ち合わせをご希望の方はこちらからお申込みください。