Oct
2

Colour me! 色で見る生物学

ウェビナー開催
Colour me! 色で見る生物学

オックスフォード・インストゥルメンツ(株)は、2023年2月10日(金)16時から「Colour me! 色で見る生物学」のウェビナーを開催します。

【開催日時】2023年2月10日(金)16:00~17:00

【タイトル】Colour me! 色で見る生物学

【会場】オンライン

【参加費】無料

電子顕微鏡で生物試料を観察している方新しい共焦点顕微鏡に興味のある方必見です!

本ウェビナーは2部構成です。第1部では、当社の分析エキスパートが、電子顕微鏡EDS/EDXを組み合わせた生物試料の分析例、そして元素分析の可能性についてご紹介します。第2部では、新製品のDragonfly 600高速共焦点顕微鏡システムについて、日本のウェビナーで初めてご説明します。

ウェビナーに登録する

ロケーション

オンライン開催

開催日

2月10日(金)

事業部

NanoAnalysis, Andor

ウェビナーに登録する

第1部

電子顕微鏡像は色のない世界。しかし化学組成情報で色付けすると、マイクロメートルスケールで新しい情報が得られます。さらに電子顕微鏡を使った分析法は、従来から無機材料の分野で広く用いられてきた分析手法ですが、近年の技術革新により生物分野での応用が増えてきました。本ウェビナーでは、走査電子顕微鏡(SEM)および透過電子顕微鏡(TEM)に最新のエネルギー分散型X線分析装置(EDS/EDX)を組み合わせて、生物試料を分析した例をご紹介します。

【使用装置】

【講演者】

オックスフォード・インストゥルメンツ(株)
分析機器事業部 アプリケーションスペシャリスト
三井 千珠

Ultim® Max シリコンドリフト検出器(SDD)、Ultim® Extreme ウインドウレス型EDS検出器

第2部

本ウェビナーでは、新製品Dragonfly 600が可能にする多彩なアプリケーションについてご紹介します。Dragonfly 600は、細胞内(nm)から生物全体(cm)までの優れた蛍光多次元画像を提供します。またその高いスループットは、画像取得の生産性を大幅に向上させることができます。比類なきスピードと感度の組み合わせにより、研究者は未知のダイナミックな事象を発見し、生きた生物を何日も観察することが可能になります。新しい B-TIRF と超解像モジュールは、オルガネラの超微細構造などを明らかにします。

【紹介装置】

【講演者】

オックスフォード・インストゥルメンツ(株)
アンドール・テクノロジー事業部 アプリケーションエンジニア 
渡邉 俊之

新製品 Dragonfly 600 高速共焦点顕微鏡システム
ウェビナーに登録する